ヱヴァンゲリヲン~生命の鼓動~

eva_seimeinokodou

PR

※ここに乗っている数値等は全てENASLOT調べによるものです。実際の数値とは異なる場合がありますのでご注意ください。

PR


エヴァンゲリヲン~生命の鼓動~ 立ち回り考察 ※解析値

■立ち回り考察■ 
 
■オススメモード「MAGIモード」 
●MAGIモードとは? 
 
・基本的に演出無しの裏モードで、 
・ステージが常にネルフ本部で固定される。 
レア役成立時は効果音や遅れなどで告知 
 
■メリット 
演出が極端に少なくなる分、回転数を上げられる。 
 
■設定方法 
『モバスロ』ボタンを押し、 
『パスワード入力画面』で 
「ネルフマーク M A G I *」 
 
と入力。 
解除方法は『モバスロ』ボタンを押し、 
QRコード発行し、データクリアでOK 
 


 
■通常時 
通常時はベルとスイカをカウント。 
目安としてはベル100回成立時の確率で検証。 
その際、スイカの数値が高設定の数値に近ければ長めに判別することをオススメ。 
回転数の目安は設定6でも最低700回転ぐらい。 
 
その間、例え設定6でも約5%ほどは設定1の確率を示すこともあるので要注意。 
 
※あくまで設定6での回転数の目安なので、その他の設定を判別する際は2000回転ぐらいのG数は必要になります。 
 
設定4・5の主な挙動は・・・ 
 
ベル設定1の数値でスイカが設定6だったり、 
設定6の数値から徐々に落ちていくものの、 
数値は設定4以上など・・・ 
 
ベル100回成立ごとの判別時に 
設定6の数値 
設定1の数値 
を交互に繰り返す台は 
設定234の中間設定に良く見られる挙動である。 
 
■SPBIG中のBAR揃いパネルフラッシュについて 
SPBIG中のパネルフラッシュにも確定演出が存在するものの、 
ビタ押しの必要があり、BARを狙う間のタイムロスが生じる。 
 
ある程度の小役の数値やボーナスが付いている場合は、 
ボーナス中の小役狙いに切り替えたほうがロスが無くなる。 
 
 
情報提供元:ばぶ隊長の憂鬱

 

PR